FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]ほんわかまったり・・・喋れるねこ・オードリーがんばってます 『江の島ワイキキ食堂』2巻

江の島ワイキキ食堂 2巻 (ねこぱんちコミックス)江の島ワイキキ食堂 2巻 (ねこぱんちコミックス)
(2011/01/11)
岡井 ハルコ

商品詳細を見る

   今日も平和なワイキキ食堂でした

お久しぶりに新刊発売となりました、岡井ハルコ先生の「江の島ワイキキ食堂」。
人の言葉をしゃべることができる不思議な猫、オードリーを主人公に置き
江の島で繰り広げられる様々な出来事を優しく描くこのシリーズ。
コメディからちょっと切ない人情(猫情?)話、はたまたSF要素をちょっと含んでみたり、ほんわか恋愛だったりと・・・かなり雑多なお話を楽しめる作品です。一話完結。
掲載誌はねこぱんちということで、もちろんにゃんこを愛でて愛でまくる内容でもあり、リアル猫のぐんにょり感がうまーく再現されたにゃんこがたくさん登場。
猫好きにはたまらないのではないでしょうか。自分も猫好きなのでこういう漫画は弱い・・・!



自由気まま・おせっかいなオードリーは今日も島をおさんぽ。
豊かな自然が多くあり、観光地でもある江の島は人どおりも多いので
たまにちょっとおかしな事件に巻き込まれたり、巻き込んでしまったり・・・。
のんびりなようであまりのんびりじゃないオードリーの日常です。
ちなみにしゃべれることは内緒なのです!

20110205225438.jpg

バレてしまいそうになることもありますが・・・。

今回の2巻では7編+番外編を収録。
どれも方向性が違って面白かったのですが、第12話はかなりお気に入りです。
三色団子に扮した・・・つもり・・・のオードリーが描かれた扉絵が可愛すぎるw
しかし内容は結構切なかったりします。幽霊の女性が登場し、彼女の落し物である鍵を探すハメになってしまうオードリーなのですが、そして女性が幽霊になった原因というのは・・・そしてその鍵は・・・。なんとも辛い真実。
全面に恋愛を押し出した作品ではないのですが、短いストーリーの中で恋愛における絶望とそのダメージが描かれ、かなり密度の濃い物語になっています。話作りも上手い作品です。
ただ切ない・悲しいばかりではなく、しっかりと転換点を作ってその女性を救ってくれたところも気持ち良かった。次の春まで強く生きよう。綺麗な桜を素直に眺めよう。
ちょっと情けないけど、這ってでも生きていこうという強い彼女の意思が素晴らしい。
基本的に後味の良いお話が多い本作ですが、第12話は特別スッキリしました。

それと第15話はラストの展開に驚き。こういうこともするのか・・・!
絶世の美人・女優業も絶好調な姉と、ぱっとしない一般主婦の妹。双子の女性の話。
「女性」「大人」「子供」。様々な人間の立ち位置がこんがらがって上手くいかない序盤から、捻くれていた姉が駈けだしてからしがらみが解けて、みんなが素直になっていく終盤へ。
これだけでも良いエピソードだったのですが、最後の最後にちょっとした仕掛け。
けれどこれで間違いなく全ての人間が毅然と前を向けるようになったのですね。
びっくりしたけれど、まさかそんなとも思うけれど
こんなに素敵な言葉が自分に届けられるなんて、彼女は思わなかった。

20110205225448.jpg

人間の愛というものを考えさせられる話でした。頁数も多く、力作ですね。
綺麗な落とし所を作ったものですね本当!ファンタジックで後引く不思議な幸福感!



以上2話の他にもかなり色々なジャンルなお話が楽しめます。
第13話、頼ちゃんにバレないように看病をがんばるオードリーは無茶苦茶可愛いですし
いつまでも子供じゃない、逞しく成長をしている子猫3兄弟もいいキャラw
表情ゆたかなにゃんこたちを見るだけで楽しくなってくると言うもの!
オードリーは本当に人間みたいな感情を抱くし、人間みたいな表情をします。
その小さな体で一生懸命にやれることをやろうとする姿にも笑顔になれます。
ねこぱんち掲載ということで、そりゃもう紛れもないネコ漫画なのです。ねこねこ!

20110205225451.jpg

ベタベタはしないけれど、たまには甘えたくなったり。空気を読んでくれたり。
猫と共に生活をしている中でちょっと心当たりがあるような描写がいくつも・・・。
猫のこと大好きなんだなぁこの作者さん。猫の身体のくねり等、似ていますよねぇ。

作者の岡井ハルコ先生は、残念ながら自分は過去作未読ですが少女漫画出身。
講談社・デザートコミックスで数冊単行本を出しているようです。
この「江の島ワイキキ食堂」もタッチはかなり少女漫画らしい感じではありますが
内容的には読者の性別関係なく楽しめる作品になっていると思います。
恋愛要素は強くないですが、恋愛を描く場合にはかなり考えさせられるものを描いています。
コメディ部分ではしっかり笑わせてくれますし、なかなか懐の深い漫画。
今後もゆったりまったり、じっくりとこの漫画の空気を味わっていきたいです。
いろんな人に読んでみて欲しい作品ですね。

『江の島ワイキキ食堂』2巻 ・・・・・・・・・★★★☆
のんびりした空気に心もほんわか。和みますなぁ。ゴロゴロしながら何度も読みたい。

≪ [日記]メレンゲライブ「初恋サンセット2011」に行ってきました。ホーム[本]アマガミ・・・ですよねこれ? 『あまがみっ!』1巻 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。