FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]嘘吐き少女の苦悩。揺らぐ三角関係は? 『屋上姫』1巻

屋上姫 ? (フレックスコミックス)屋上姫 ? (フレックスコミックス)
(2011/02/12)
TOBI

商品詳細を見る

   私は 嫌い

TOBI先生待望の新作は、再びフレコミに活躍の場を移してのの長期シリーズ!
というわけでそんな「屋上姫」1巻が発売されております。表紙良いですねー!
直球青春な赤面漫画をたくさん描いてきてくれたTOBさんだけに期待も高いですが、今回はこれまでとは若干毛色の違う変化球的作品でもありますね。それは「彼女は嘘をついている。」と大きく書かれて目を引くオビにも表れています。ではあらすじ。

主人公の黛陽平は小学校からの腐れ縁・信忠と結子らと同じ高校で入学式を迎えます。
高校でも何でもないような日々が続いていくのだと思う陽平でしたが・・・しかしその日、彼は運命的な出会いを果たすのでした。「屋上姫」と呼ばれる少女、霞上澄花と。
理事長の孫であり現生徒会長、容姿端麗・成績優秀。まさに雲の上の人。そんなどうやっても手が届きそうにない女の子に思わず目を奪われる陽平ですが、入学式が終わってから放課後にまさかの展開が待っていました。
屋上から降ってきたバラの花束。それを届けるために屋上に向かうと、そこには憧れの霞上の姿がありました。緊張しながらも朝方トラブルを解決してくれたことへのお礼を述べる陽平。しかしそんな中、霞上は突如ある提案をします。

20110221174438.jpg

「私たち付き合ってみない?」

と、入学初日・初対面にも関わらず学校の有名人と付き合うことになった陽平。
けれどすぐに幸せ満開な恋人関係が始まるわけでもなく・・・。



あっさりと恋人同士になった陽平と霞上先輩。浮かれるばかりの陽平ですが、その翌日には彼もこの関係性に違和感を覚え始めます。幸せなはずなのに、どこか陰りを感じる。彼女の深い部分には自分は存在していないような感覚。
完璧な彼女が、なんでもない平民の自分と付き合ってくれているこの現実。
冷静になってみれば、明らかに釣り合いがとれていないことくらい分かるのです。
じわじわと心を蝕んでいく漠然とした不安は、じきに確信へと変わっていきます。
ドキドキしてるのは自分だけなんだ。空回りしてる恥ずかしさ。
けれどまだ彼女を、嘘なんてついているはずが無いと、信じていたい。
そのためには自分がもっと彼女に近づいていかなければならないと、決意を固めます。
もっと彼女のことを好きになるために。もっと彼女に好きになってもらうために。

・・・と、ラブコメと呼ぶのあまりふさわしくは無い展開です。
もちろんニヤニヤできるシーンもたくさんありますし、心安らぐ楽しいコメディも描かれているのですが、作品を支配している(タイトルも「屋上姫」ですしね)霞上先輩が抱える闇が、作品のトーンをかなり落としているように感じます。
見た目清々しい青空が広がっていますが、しかし霞上先輩の表情は硬い。1巻の内容はこの表紙に結構要約されているようにも思いました。まだ彼女は本当の笑顔を見せてはくれない。
恋人の前では緊張して普通に接することができない・・・という感じではない事は1話の時点で分かっていましたが、ではなぜ彼女はこんな不自然な付き合いを始めたのか?
その答えは単行本終盤で明かされますが・・・その内容も、なかなかに重い内容でしたね。
つまりは認められない想いを秘めておくための、あるいはなんとか打ち消すための隠れ蓑なのだ、今の関係は。でも「やっぱり」と変わらぬ想いに苦悩する姿も描かれており・・・。
何も知らないままある意味利用されてしまっている陽平を考えると、やはり胸が痛むと言うものです。頑張ってるのにさー・・・。本当に空回ってたよ・・・。
陽平とのデート中の赤面に心躍ったのは確かですが、あれは自分を見透かされた恥ずかしさというか、焦り過ぎたが故の失敗のためというか・・・違うんだよ!もっと心からその相手に恋した女の子の赤面がみたいんだよーうおーん!でもTOBIさんならやってくれる!TOBIさんなら今のこの息苦しさも全て前フリのはず!お願いします、姫の満面の笑みを!(只の願望

そんな上手くいかない2人にぐぬぬっておきながらも、結子ちゃんまじ可愛いよと!
陽平と小学校から友達である女の子であり、くりっと丸く大きな目とすぐに赤くなる顔、そして全体的に漂う「報われない娘オーラ」が可愛らしい、まさに地味子。

20110221174421.jpg

おそらく長い間募らせているのであろう、陽平への淡い恋心。
そして霞上先輩への憧れもありますが、まさか陽平と彼女が付き合っているとも知らず。
この純粋な女の子が傷つかずにいられる未来はあるのでしょうか。ちょっと難しそうですね・・・。今後この娘にとって辛い展開が結構出てくるんじゃないかなぁと想像します。
陽平と霞上と結子でちょっと不格好ながら三角関係が出来上がっていますので、この3人がどうなっていくのかもこの作品の今後の見所でしょうね。
信忠もほんのり存在感を放っていますしね。気になるキャラです。結子をどう思ってるのか。



ではさくっとまとめ。
これまでのTOBI先生の作品を顧みても、本作は新しいタイプの物語。
同じく青春を描いてありながらもかなりシリアスな恋愛が主軸。
この1巻だけでは物語に爽快感があったとはちょっと思えませんが、素直に続きを見てみたくなるストーリーですし、十分期待が持てる内容でありました。
物語序盤は先輩への不信感でうまくハマりこめませんでいしたが、読み終えてからもう一度読み始めると、彼女の心理も少し読み取れて物語を2度楽しめそうな感じ。
2巻以降は上手い具合にキャラが走り出していくんじゃないかなーと期待です。
あと既にいろんなサイトさんでも触れられていますが、この作品でもうひとつ注目すべきなのが黒ストなのですよ!そのマニアックな描写っぷりには思わず息に飲みました。霞上先輩の最大の魅力はその美脚と黒ストにあるということは疑い様も無いこと(漣脳内調べ)。
いや、でもやっぱり先輩の心からの笑顔が、興奮が、赤面が見たい・・・!
苦しみの中にある屋上姫。これから姫さんの心境にどのような変化が訪れるのか。
気丈にふるまう陽平はどこまで頑張れるのか。彼女を変えられるのか。
そして結子はちゃんと幸せになってくれるのか・・・!
20110221174435.jpg
切なさたっぷりな三角形。2巻がとても楽しみです。
ネット連載作品なのでHPを置いておきます→。第一話と最新話が読めます。

『屋上姫』1巻 ・・・・・・・・・★★★☆
TOBI先生の新作はちょっとシリアスな青春漫画。結子ちゃんを見守りたいです。

≪ [本]繋がり響き合う青春模様。 『FULLSWING』2巻ホーム[本]緊張の王都籠城戦へ。国も人も揺れに揺れ… 『ブレイクブレイド』9巻 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。