FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]だらけた日常、過激な背徳。『放課後プレイ3』

電撃4コマコレクション 放課後プレイ3 (電撃コミックスEX)電撃4コマコレクション 放課後プレイ3 (電撃コミックスEX)
(2011/01/27)
黒咲 練導

商品詳細を見る

   あなたも・・・私の物よね

1→2に空いた期間と比べると、比較的早めに出てくれた「放課後プレイ3」です。
2の時もオビに注意がされましたが、今回も同じメッセージがついております。本書は「放課後プレイ」の3巻ではなく「放課後プレイ3」。結構間違いやすいので自分も気をつけます。
「今度は戦争だっ!(恋の)」なんて大きくオビにあり、ほほうどれどれとテンション上げて読んだわけですが、・・・あーまぁ、これは後で書くんですけども。今回も色んな意味でドギツい、えぐみの強い作品になっているなぁと。
1,2の作風からかけ離れているわけではないのでこれまでこのシリーズを楽しんできた方なら問題ないですが、これまでとは結構違った方向へ展開する新境地な3。
では感想へー。



3は冒頭3回が「サディスティック」シリーズという、1の彼氏さん彼女さんたちをメインとしたエピソードが収録されています。
久しぶりに人のイチャイチャっぷりが見れて嬉しい限り。相変わらずけしからん2人!

20110306221247.jpg

彼氏さんのテクニックにすっかり骨抜きな彼女さんが眩しい!(みみかきですが)
と序盤はこんな微笑ましいシーンなのですが、まぁ「放課後プレイ」ですよ。しかもすでに遠慮も何もしない間柄な2人ですよ。ここから耳に舌を挿入されたりなんなりと、このシリーズらしい粘着質かつマニアックなエロスを堪能できる展開へと突入していきます。
そんなのが3の最初に収録されてしまっているので、色々麻痺しながら物語を読むことに・・・。
「サディスティック ドミネーター」は1の彼女さんと3の彼女さん(部長)のやり取りが描かれ、いじめられまくる彼女さんにこちらとしても笑みを抑えられないわけですが、同時にかなりSな部長さんにゾクゾクしてしまうのでした・・・。一筋縄ではいかないオーラが半端ない。
なんにせよ、「1」の2人が再登場してこれだけの絡みを見せてくれたことは非常に嬉しいです。



さて3の本編の話へ。
自分は漫画を読むとき、本編より先にまずカバー裏をチェックしてしまうのですが、
今回それをしたところいきなりハートブレイク。とんだ罠ですよこれは。

20110306221251.jpg

ア"ーーー

しかも同じくカバー裏には鏡映しのように左右反転され不安感を煽るアトガキと、レ○プされた後らしき部長さんの姿も描かれています。
これが後々に本編終盤で少し触れられる彼女の過去であるわけですが・・・おうふ。

今回の主役となる二人は、下まつ毛が特徴的で関西弁キャラな彼氏さんと、1の彼女さんの部長にあたり、図書委員でもある先輩。それと彼氏さんのいとこにあたり少女も登場。
この作品、キャラクターの名前が明かされないので文章にしたとき結構困りますねw
まぁそれはいいとして、今回も「ゲームネタを多数織り交ぜつつメインキャラがダベる」というこのシリーズの基本形式を踏襲していますが、今回は結構ライトなゲームネタが多く、ゲームに疎い自分でも楽しめました。モンハンネタとか。3rdは130時間超えたよ!正直どうでもいい。
そしてきっちりと恋愛的進展も描かれ、少しずつ高まっていく感情に戸惑いながらも、それに逆らわずにむしろすすんで流されてく感のある2人にときめくのでした。
部長さん(と呼ぶことにする)は底は見えない上にエスなキャラをしているのですが、そんな彼女が逆に彼氏さんから悪戯されて慌てるようになってくるとラブコメ的にも大盛り上がり。
55ページなんかの微妙な雰囲気もこそばゆくて良いのですが、一度陥落ちてしまってからの部長さんは顔真っ赤にしちゃってホントかわいーんですよ!

20110306221226.jpg

普段から余裕たっぷりな年上女性。
だからこそ、そんな彼女の混乱ぶりや乱れた様が新鮮であり、興奮する。
こんな表情が見れるのは自分だけ。この表情にさせられるのも自分だけ。
そんな倒錯した快感もあったりなかったり。・・・書いてて変な気分になってきました。
彼女のことを「おまえは俺のやろ」なんて過激な台詞を放つシーンもあり
学生らしい甘酸っぱい青春というよりは、大分サディスティックで過激な感じ。
若いからこその本能の暴走でもあるのかな。まぁそこはシリーズ共通ですけども、今回の「3」はより陰りのある変態性が見えるいうか、異常にねちっこくてにやらしい。ナイス。

しかし下まつ毛(と呼ぶことにする)のいとこの少女が物語に関わりだしてから本作はまた違った雰囲気を醸すようになります。
そしてラストで明かされる事実と、幸せムードを吹き飛ばす修羅場へ。なるほど、戦争だ。
真実は分からないけれど、部長が秘めている暗い過去も少し垣間見えます。ここでカバー裏のイラストに繋がるのですね・・・。
部長は少女に対して怒りをぶつけますが、これは過去の自分への後悔を含んだ叱責でもある。有効な手であることは間違いないけれど、それは卑怯で、狡猾で、いつか傷を生む。
登場人物みんなが、どこかしら少し狂っていた、蝕まれていた「3」。
けれどそのラストは、人間としての成長を描いたものとなりました。
シリアスな終盤になりましたが、ラストシーンの能天気さには救われました。
ラストにやや締りがないとは感じましたものの(もうちょっとラストの余韻が欲しかった)、ちょっと意外な方向に飛んで行ったわりにしっかり着地がされていたのでは。
部長さんにはきっといい恋人同士の生活を楽しんでもらいたいです。



まとめ。
黒咲練導先生は本当にドSなんだなと・・・それをはっきり再認識しました。
それは作中描かれる心情や発言・行為の内容もあるのですが、読者にもナイフを向けている。
2のメッセージ性のある物語とはまた別の方向で、ナイフをかざしてきています。痛い。
また、よく話題になるエロ描写ですが、今回は凄かったですねぇ。
下品なくらい(そこが好き)の激しい性描写ですが、行為のマニアックさがより加速していますし、3巻では背徳感のスパイスも利きまくり。ぬるぬる。とげとげ。楽しい。
平均的なエロスでは過去最高なのではと自分は思ってます。好みはあれど。
一方で「2」でも見せつけてくれたセンシティブな心理描写は今回も威力を発揮しており
ドラマとしての面白みも十分にあると言えます。えぐみはありますけどね。
このシリーズは1,2,3で少々繋がりはあるにしても独立した作品となっているため、どこから読んでも楽しめるのですが、個人的には3から読み始めるのはあまりオススメはしません
けれど男の子と女の子の、大分過激だけど初々しい様子にはやっぱりほっこり。
人を選ぶ作品ではあると思いますが、濃い作品なので合う人はかなり楽しめるはず。
もちろんニヤニヤできるシーンは今回もいっぱいですよ!
そして何度も言いますが、1の彼氏さん彼女さんがたっぷり再登場してくれて緒嬉しい!
4もまったり楽しみにしています。

『放課後プレイ3』 ・・・・・・・・・★★★☆
物語としてもエロとしても、かなりドキドキさせてくれた1作でした。耳責め!!フンフン
4月末には楽園コミックスで「C- 黒咲練導作品集」が発売されるようです→

≪ [本]刹那的、オンナノコ。 『女の子のすべて』ホーム[本]大切な一瞬一瞬を、君と家族として過ごしたい。 『高杉さん家のおべんとう』3巻 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。