FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[漫画]2015年上半期面白かった漫画BEST10

ツイッターには毎日顔出してるのにブログはこのざまです。お久しぶりです。
7月になったということで、せっかくだから上半期の面白かった漫画をまとめました。
すっかりアウトプットの時間は減りましたが、やはり漫画は大好きなので
こうして半年間を振り返る作業は楽しかったです。

では10位から。





10.わがままちえちゃん/志村貴子

わがままちえちゃん (ビームコミックス)わがままちえちゃん (ビームコミックス)
志村 貴子

KADOKAWA/エンターブレイン 2015-03-25
売り上げランキング : 10672

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2015年上半期は怒涛のごとく志村貴子作品が発売されていました。ありがたさしか無ぇ。
どれも甲乙つけがたし。ですがあえて1番すきだったのはこの「わがままちえちゃん」。好きというか、1番心に引っかかりが残って後を引いたのはこれ。

「ちえ」「さほ」は姉妹。そして、幼いころに死に別れてしまいました。
日々を生きる中で、その喪失を噛みしめる女の子を描いた作品です。
この漫画は複雑というか、トリックがおおい構成をしているため、読みにくさがあります。例えば導入部ではさほが主人公でちえが死んだ幽霊となって登場します。が、それはちえの妄想。現実はちえが生きて、さほが死んだ。
結局終盤まで、ちえの妄想がいろんな所にあらわれて、その過去が本当なのか、今見えてる光景は現実なのか、わかりづらいまま進んでいく。きっとそれは混沌としたちえの精神世界そのものなんだろう。

構成上、もう一度読みなおすとある程度把握できますが、やはりストーリーに本筋は見えづらい。ストーリーを楽しむというより、千切れたようにバラバラに散らばった少女の心をそっと集めていくためのお話のように思う。
晴れることのない後悔、悲しみ、嫌悪、喪失感。「聞こえるような気がするだけ 自分の聞きたいように聞こえるだけ」と涙するちえちゃんの姿には、こっちまで泣きそうになった。

「ちえ」という少女を読み解く面白さもありますが、喪失とどう向きあえばいいのかというテーマは非常の好みでした。
思春期の女の子のナカミはわかりづらいってのを、体現した作品でもあるのかな。なんにせよ、はち切れんばかりに濃密に、少女の心の声を浴びせられる漫画でした。
まるで少女の痛みの声が、薄く永遠に響いているような。



9.ステラとミルフイユ/渡辺カナ

ステラとミルフイユ 3 (マーガレットコミックス)ステラとミルフイユ 3 (マーガレットコミックス)
渡辺 カナ

集英社 2015-03-25
売り上げランキング : 71578

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


連載が終わったのは去年ですが単行本発売が3月だったため入れる。
渡辺カナ先生は「星屑クライベイビー」(記事 ほんとは寂しがりやのあなたに届くように。『星屑クライベイビー』)を読んで1発でファンになったんですが、今作が2作目の連載作。前連載作「花と落雷」と違い少年が主人公の青春漫画。
年上ヒロインの椿さんがかわいくてなァ・・・!見た目、ちょっとやんちゃな(明るい髪色で八重歯が目立つとなぜかヤンキーっぽく見える)彼女ですが、ワタワタと慌ただしく照れたりする様子がたまらない。そして抱えた過去や、そこにあった仄かな初恋!
再び、ちゃんと言葉にしてさよならを告げる椿さんは非常に切ない。
確かに好きだった。けれど一緒に歩んでは行けない。

コミュニケーション不全かつ父親との不仲もある主人公もいい。
恋によって変わる、というわけではなく、変わるために彼自身の努力が見えるのが好感度高いのです。閉じた部屋が開かれそこから光が差し込むように、どんどんと彼をめぐる世界は輝きだす。
恋愛だけではなく、人生を考えた時になにが大切なものなのか、深いテーマに潜っていく最終巻。
特に椿さんの下した決断それぞれはどれも女性としてのカッコよさを感じるし、同時にある種の男らしさもあって、3巻は特にしびれまくった。
刹那的に誰かの手をとるよりよほど誠実に、2人は寄り添う。甘酸っぱさあふれるクライマックス。
表紙デザインもカンペキ。本編の清涼感にぴったりの綺麗さだ。手元においておきたくなる、このデザイン性もお気に入りになっている理由のひとつ。



8.ダンジョン飯/九井諒子

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)
九井 諒子

KADOKAWA/エンターブレイン 2015-01-15
売り上げランキング : 764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2015年初頭、発売日から3日遅れで書店をめぐるも・・・・・・まさかの「ダンジョン飯難民」になったことのインパクトが強い。買えたのは2週間くらい後でしたね・・・コミティアのジュンク堂出張販売コーナーで・・・。さっすがコミティアだぜ!
さて2015年を象徴するタイトルのひとつになったようにも思う本作。売れに売れ、脅威の売れ行きになっているとか。「坂本ですが?」といいなにがポーンと売れるのかわかんないな。

しかし売れるのも納得のおもしろさ。最近グルメ漫画は目立ってきてるように思いますが、この作品はファンタジー。
自給自足でダンジョン内の食材を料理する、異色の作品となっています。
バジリスクをローストターキーみたいにしたり、人喰い植物をタルトにしたり、なんと“動く鎧”まで調理!そして毎回、丁寧なレシピ付きだ!
ゲームの世界の食文化を、まるでそれが実在しているかのように丁寧に描いていく。読めば読むほどどんどんと異世界に自分が入ってしまうような、不思議なリアリティと没入感。
個人的に九井諒子作品だと叙情的な作品(「進学天使」とかたまんないです)が好きだったんですが、「ダンジョン飯」は娯楽要素たっぷりでハッピーな作品。ほんといろんな漫画を描ける、すごい作家さんです。この作品だけじゃなくとりあえず単行本全部面白いから、ビビる。
リアクション芸人みたいになってきてるエルフのマルシルさんの不思議なかわいさにも舌鼓を打ち、そろそろ妹を救いに行くという目的も忘れていそうな彼らの旅は続く。



7.ピコピコ少年SUPER/押切蓮介

ピコピコ少年SUPERピコピコ少年SUPER
押切 蓮介

太田出版 2015-02-05
売り上げランキング : 4760

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


押切蓮介先生の体験談をもとにしたゲームエッセイコミック「ピコピコ少年」シリーズの第3弾。過去の2冊も面白かったが、それを踏まえてもやたら本作は面白かった。
エピソードがどれも脂の乗った旨さというか、これは本当に実体験なのかというくらいの意味不明な面白さ。読む者の心をやわらかく、そしてセンチメンタルに染め上げるノスタルジックな世界。
バカバカしかったり、甘酸っぱかったり、または胸が苦しくなる切なさや、静かに心に降り積もる怒りや悲しみ・・・・・・とにもかくにも、この一冊でリアルな青春時代の悲喜こもごもがたっぷり詰まっていて、エッセイという枠を超えてストーリーの面白さに夢中になる。
お気に入りはオフ会の話だ・・・もう、読んでて切なさのあまりそっとページを閉じてしまった・・・。
でもどんな悲しみもきらきら輝く大切な思い出に感じてしまうのは、僕らがちょっと大人になってしまったからだろうか。

押切先生と同年代であればさらに楽しめるわけで、そこは悔しさを感じてしまうポイントではありますが、たとえ時代を共有していなくともこの波瀾万丈感はとても楽しい。
漫画ファンを騒がせた「ハイスコアガール」の騒動のことにも触れられており、これはファンとしても必読。
絶えず好きなものを愛し続ける、楽しみ続ける、ガキの頃の愚かしさを貫く。ゲームと一緒に大きくなった。今度はゲームが救ってくれた。
泣いて笑えてしかも胸をアツくする、素晴らしい一冊。ピコピコ少年の火は消えない!



6.やさしいセカイのつくりかた/竹葉久美子

やさしいセカイのつくりかた (6) (電撃コミックス)やさしいセカイのつくりかた (6) (電撃コミックス)
竹葉久美子

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015-02-27
売り上げランキング : 6771

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最終巻。どうなるかと思ったら、予想を上回るすばらしい結末を見せてくれた作品です。
恋に友情に将来に・・・なやめる女子高生たちと、その教師を務める19歳の天才学者の物語。
ラブコメディーとして読んでいた序盤から一転、中盤からは努力と才能の話、家族との向き合い方、過去の恋と今の恋、報われない想い・・・「おいおいドンドン重くなってるじゃねーか!」「でもすっげー面白いぞ!」と深みを増していった作品。

特に物語後半は顕著だったけれど、女の子のずるいところや愚かな所までかなりディープに描いていて、掲載誌の電撃大王チックな萌え漫画とちょっと感触が違っている。男の女のエグい距離感も描かれる。
でもどれも、キラキラとロマンチックな関係性に決着して、最終巻は文句なしの大団円。

天才でありながらそれをひた隠していた少女、葵。彼女と主人公の朝永の関係性というのが個人的には最高の、これ以上あるかってくらい納得の結着で・・・。
「やさしい女の子」として朝永に立ち向かう少女がいて。同じ舞台で、志を同じくするライバルとして勝ち上がってきた少女がいて。
最後まで主人公である朝長は「根本的には他人を信用できないタイプの人間である」という主人公にあるまじき性質のままだと感じましたが、彼はそれでいいのだな。全能である必要もない。ただ、将来に悩む少女たちにとって道を指ししめすことができる人間ではあった。そういうところで朝永はいいキャラクターだ。
「学び舎」という舞台をもっと好きになれた作品でもありました。この作品は学校がもつ機能をちゃんと正しく描こうとしてくれた印象があり、それは最終巻で自由に羽ばたいた少女たちの姿をみて確信した。セカイの愛し方を、ようやく彼ら彼女らは知ったのだと思う。教室から笑顔で飛び出していくこの最終巻の表紙は感慨深い。
・・・若干世の理から外れた結着した女の子と教師もいたけどな!最終話で見せてくれたバッチリ幸せな夫婦っぷりにホッと一安心です。

それにしても、改めて。朝永と葵の関係、カッコよすぎるでしょ。最高。
タイトルにある「つくりかた」もこの作品らしくていいな。見つけるではなく、作るのだ。この力強さと理屈ありきな感じ、学者漫画でもある本作に合っている。最終巻で指し示されたこのタイトルに意味も、味わい深い。



5.帰ってきたサチコさん/朔ユキ蔵

帰ってきたサチコさん (flowers コミックス)帰ってきたサチコさん (flowers コミックス)
朔ユキ蔵

小学館 2015-06-10
売り上げランキング : 33798

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


朔ユキ蔵先生がフラワーズで掲載した作品を収めた短篇集。幅広い雑誌で活躍している作家さんですが、女性向け雑誌から出た単行本って初めてだったよな。
さてこの本に収録されている5つの短編ですが、びっくりする。
5本、全部めちゃくちゃおもしろい。
舞台やジャンルは違えど、どれも激しく胸を揺さぶる、熱い作品たち。朔ユキ蔵作品をすべて読んできているわけではないけれど、これ傑作じゃないでしょうか!!

圧巻なのが表題作。突然70年前に飛ばされ、そこで家族をなし、そして10年がたち、また現代に戻ってきた主人公の女性。40ページほどの作品ですが、それと感じさせないくらいのストーリーの厚みとクライマックスのカタルシス!飛ばされた過去と現実がつながるラストはタイムスリップものの醍醐味ですが、魅せ方もお見事。70年前の旦那さんの強い想いが果たされる感動。なんて切なくきらめくラストシーンだろう・・・グッときたラブストーリー。
「走れみつる」は女優にあこがれてアイドルになった主人公のお話。女性が女性に憧れるときの感情って面白い。ラストのふてぶてしさと力強さに満ちたセリフもかっこいい。
「かりそめ」はお伽話のように美しい、ドリーミーな作品。夜空を飛んで心も舞い踊る。一緒に夜空を飛び、女性の手を取れるくらい。まるで一遍の詩のようなあじわい。
「心ここにあらざれば」はファンタジーが舞台。政略結婚した国王と后が、心を封印した国政の末路は、悲劇だがふたりの確かな愛情が感じられる。最後の胸に刺さる。
最後を飾る「劇的」はこれも素晴らしい。死んだ弟との思い出を回想つつ荷物を片付けるお話なのですが、切ないお話なのに前向きになれる。激しい慟哭と、再生の物語。
しばらく本棚のメイン所に配置したい。ハイレベルな一冊。短篇集好きな人には特にオススメ。



4.四月は君の嘘/新川直司

四月は君の嘘(11)<完> (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(11)<完> (講談社コミックス月刊マガジン)
新川 直司

講談社 2015-05-15
売り上げランキング : 525

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは単独で記事を上げているので、そちらを。
素晴らしい少年漫画でした。疾走感と喪失感が最高潮となる最終巻。クラクラしそうに美しく切ないラスト。
消えない春に君はいる。『四月は君の嘘』11巻



3.水色の部屋/ゴトウユキコ

水色の部屋<下>水色の部屋<下>
ゴトウ ユキコ

太田出版 2015-04-15
売り上げランキング : 22640

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


陰鬱だ・・・しかしどうしようもなく惹かれる世界。「水色の部屋」は上下巻で発売されたゴトウユキコ先生の、まるで映画のように美しくまとまった作品。
ゴトウユキコ先生といえば思春期男子のリビドーを軸に、セクシーだったりバカバカしかったりするお話を描いてきた作家さん。
しかし今回はとても重い。とてつもなく、重い!
主人公はもんもんと、母親に対する劣情を抱く少年。近親相姦というテーマの時点の重いのに、田舎町の窮屈な空気、人間の悪意、消えない過去の傷、歪んだ欲望、エトセトラ・・・様々な「直視したくないもの」をぶつけてくる。窒息しそうだ。
描かれるのは強烈なバイオレンスと生々しい腐臭の漂うセックス。
地獄じみた世界にようこそ。でもここは現実。思春期という牢獄だ。

主人公の母親が「性の対象」となるというのが恐ろしくもあり、見どころのひとつである本作。ちゃんとかわいいんです。童顔で、エロい体型してて、母性本能強くて。
そしてこの作品、表情がいい。興奮に染まったエロい表情もいいし、情念の滲む恐ろしい表情も、虚無を体現した無表情も、試すような挑発の視線も。
息苦しい世界観とそこに生きる人間のナマっぽい空気感。これにより、この作品の暴力性はさらに威力を増す。描かれたエロスは一層、魅惑的だ。
もっとも、幸福なセックスなんてない。この作品は圧制や征服、あるいは堕落の象徴としてのセックスが多く登場する。この大人びた感触は読んでて胸のあたりがヒリヒリと痛み出す。
主人公がかかえる鬱屈とした感情は、特別なものではあるけれど、この行き場のないモヤモヤはきっと共感できるものだと思う。思春期の頃の・・・あの、学校だけが世界のすべてかのような閉塞感・・・馴染めなければそれだけで生きる資格がないような錯覚・・・辛い!思い出したくない!やめてくれ!

ストーリーの流れも素晴らしかったです。人の気持ちを大切にした、歪んだ愛の物語だったと思います。
上半期の「もっとも良かった1コマ」を選ぶとしたら、本作下巻のラストコマの、慈愛をたたえた微笑みを挙る。
母と子のオンリーワンな関係を描いた作品としても、本作は読み応えありました。血のつながりを持った母親は、どんな人間であれどんな人生を歩むのであれ、たったひとりしか存在しないんだ。

水色の部屋

ラスト。穏やかな水色の部屋、心細い背中をそっと押す、甘い声。
最後の最後まで、エロいなぁ。エロいぞこれは。



2.あそびあい/新田章

あそびあい(3)あそびあい(3)
新田章

講談社 2015-04-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


完結したってことで一気読みした作品。あまりの面白さに1時間半くらいで三冊読破してしまった・・・俺としては脅威のハイスピード。

『不憫な恋愛漫画』。本作一言で表すならそうなる。
“僕が好きになった女の子は、誰とでも寝るんだ”って、そうオビに書かれる作品。フリーセックス主義な小谷さんと、彼女に恋した山下くんの青春ストーリー。
主人公に感情移入しながら読むと、ことごとく思いを裏切ってくれる小谷さんに腹が立つ。なのにそれでも彼女を思い続けて、好きで居続けて、勝手に傷つくまでココロの動きがシンクロしてとてもキツい。彼女と他の誰かとのセックスをこれでもかと見せつけられて、だんだんと小谷さんの無神経さが羨ましくなってくる異常な感覚にまで陥ってくる。

あそびあい

しかしドラマが動いていくと単なる「彼女に裏切られるオレってかわいそう」なお話から、趣が変わる。ここからが更に面白いのだ。
彼女に誠実なお付き合いを求めていた純情な主人公。なのにいざ別の女の子と付き合うことになったら、小谷さんのことを忘れられずひどいお付き合いをしてしまう。
恋愛において何らかを「選ぶ」ことを難しさと残酷さ。悲しいくらい届かない、本当の気持ち。
自己嫌悪と闘いながら、思い通りにいかない想い人に傷つけられながら、汚い人間になりながら、それでも下す決断の価値。その重みをしっかりと感じさせてくれるストーリーの完成度。
中盤から襲いかかる主人公の苦難は、ページをめくる手をひたすらに早めてくれた。

ラストも個人的には素晴らしかった。こういう距離感の男女関係に着地するか、と。
主人公が望む関係ではないけれど、でもほかの一体だれが、スーパー特売まで一緒に来て欲しいと彼女に言ってもらえるだろうか。
「体の関係」をフィーチャーした本作。その結末はとても穏やかに心のつながりを確かめるもので、彼らの不透明な「いつか」を夢見ながら泣いてしまった。ラスト5話はぜひ読んでみて欲しい、傑作だと思います。
女の子ってこわいな。そしてかわいいな。でもって、わけがわからない。
あっっでもこの作品って主人公がセックス上手くないと成り立たないからやっぱムカつくわ!!!!!!!



1. ハレルヤオーバードライブ!/高田康太郎

ハレルヤオーバードライブ! 14 (ゲッサン少年サンデーコミックス)ハレルヤオーバードライブ! 14 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
高田 康太郎

小学館 2015-06-12
売り上げランキング : 1681

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あ゛゛~~~~~~最高だ~~~~~~~~~~!

まさにクライマックスのさなかである。ここに至るための物語だった。大きなステージで、まばゆいスポットライトを浴びて、ティアドライブは疾走する!
青春バンドグラフィティ、「ハレルヤオーバードライブ」。15巻で完結すると明言されたので、今回の第14巻は物語全体における最高潮!!
1巻から読み進めているとみるみる画力があがっていき、ライブの描写力が上がっていったのも本作の特徴であり見どころ。光がちらばり、魅惑のメロディが空間をうめつくす。僕らの歌声が、未来に祝福を奏でる。

ハレルヤ151

とても贅沢な一冊になっていると思う。なにせページの大半が演奏シーンなのです。エモーショナルな会場の空気をバッチリ捉えた描写は最高級の臨場感をもたらす。
上の画像のような各話タイトルコールの演出も電撃的でカッコいい。こういう、「ズバーンッ!!!!」てキメるタイトル演出大好きなんだよ・・・映画みたいでさ・・・!!
ひと目見ただけで読む者の心を掴んで離さない、閃光のような華やかな作画はこの作品の大きな武器。その武器が、過去最高にいかされているのが巻なんですよ!

ここにきて浅緋にまつわる種明かしがされる。正直いえば「いや、とは言え盗作した罪は消えませんよね??」という思いは拭えなかった。倒れた彼を見て、必死だったんだなとは思えど、同情は出来なかった。
そんな微妙なモヤモヤは、主人公の小雨が晴らしてくれる。ロックスターに面と向かって、「オレは勝手にやりたいようにやるんで…貴方も自分で勝手に助かってください」と言ってのける。
助けを差し伸べるではなく、音楽を愛する者として、信頼を寄せた発言。小雨だってとっておきの曲を浅緋に奪われたのに・・・こんなセリフを言われてしまっては、こちらも何も言えなくなる。
長くに渡りこの作品のラスボスとして君臨した浅緋。その結末も含め、14巻の完成度は素晴らしい。素晴らしいという以外ないよこんなの!
「ハレルヤオーバードライブ」のタイトルもついに本編に登場。ライブシーンでこの作品がやりたかったことは果たされた印象も受ける。
破裂しそうな興奮と湧き上がる寂しさとが混ざり合って、なにも言えなくなる・・・。
上半期の1位を決めるにあたって結構迷っていたんですが、やっぱり自分を一番興奮させてくれたこの作品にしたいなと思って。三角関係にしろ、演奏シーンの華やかさにしろ、終わりゆく青春の1ページを刻む物語にしろ・・・すべてがツボです。
いよいよ、次が最終巻。ハレルヤ!みんな幸せになってくれ!!麗あ!





ということでBEST10でした。また下半期も同じようにやれたらいいな。では。
読んでいただきありがとうございました。

[漫画]2014年面白かった漫画BEST35

お久しぶりです。ぜんっぜん漫画関係の更新ができてない!!すみません!
今日は今更、2014年の漫画私的BEST記事です。

もう2015年にはいって結構経ってしまってますが・・・去年の漫画についていちおうまとめた記事を作っておきたかったので…。通常更新があまりできなてなかったぶんも。
BEST30のつもりで書いてたらいつのまにか35作になってたので半端なBEST35となってます。ならもうちょい頑張ってBEST50にすりゃよかったんですけどね!




35.星の子/羽柴麻央
星の子 (マーガレットコミックス)星の子 (マーガレットコミックス)
羽柴 麻央

集英社 2014-01-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

光をたどるように、フィルムを逆再生するように進む、命のドラマ。母と子の絆を描いた物語。表題作がとにかく好きで、読んでいた時期が個人的になんかもう、行き詰まってたタイミングだったので、これを読んでぼろぼろ泣きました。普遍的テーマを扱った作品だとは思いますが、ここまで自分に突き刺さったのも自分のことながら不思議に思ったりする。ただ、問答無用に涙腺を決壊させられた。
同時収録の読み切りも、切ない余韻がきもちよく心にのこる、素敵なセンチメンタルストーリー。やっぱり羽柴麻央先生は短編漫画の名手だ!

34.月に吠えらんねぇ/清家 雪子
月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンKC)月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンKC)
清家 雪子

講談社 2014-04-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


カオス文学マンガ。実在の詩人ではなく、その作品のイメージから新たに作り上げられたキャラクターとして詩人が登場する。萩原朔太郎や北原白秋や正岡子規や室生犀星や・・・といった面々が暮らす異世界を描いた漫画。なんかもう、全然うまく説明できないんだけども、すごいカオスなのだ。世界は変わる、時代も切り替わる、突然詩の中に迷い込む。作品の内側も外側もすべて、空想の不確定な領域でふわふわ漂っている。1巻はまだまだ世界観が生きていなかったけれど、2巻からの盛り上がりと混迷っぷりは読んでいると脳みそがずいぶんと敏感になる。キャラクターはかなり漫画チックに味付けされているので、むちゃくちゃな展開をしているのに不思議と読みやすくて良いな。
いろんな詩人の詩が作中挿入される効果でさらにどっぷりとコトバの世界にひたれる。混迷極める文学ファンタジー。

33.おしえて! ギャル子ちゃん/鈴木 健也
おしえて!  ギャル子ちゃん 1 (MFコミックス)おしえて! ギャル子ちゃん 1 (MFコミックス)
鈴木 健也

KADOKAWA/メディアファクトリー 2014-11-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


俺の中で燦々と輝く傑作「蝋燭姫」を描いた鈴木健也先生が、意外な作品でブレイクしてくれたなと面白い気持ちでいます。ネットで話題となり、コミックスも売れ行き好調という「ギャル子ちゃん」。女の子への素朴な疑問を解き明かしていく構成で進むので、オヤジっぽいスケベ心を満たしてくれるのです。けれどエロいとか下品とかあまり感じないのは、ギャル子ちゃん含めキャラクターの不思議な清涼感のおかげかな。
ぎっしりつまった楽しいコミックス。ながく続いてくれることを期待しています。

32.アナーキー・イン・ザ・JK/位置原光Z
アナーキー・イン・ザ・JK (ヤングジャンプコミックス)アナーキー・イン・ザ・JK (ヤングジャンプコミックス)
位置原光Z

集英社 2014-05-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ついに投下された位置原光Z先生の商業単行本!コミティアキッズ的にはマストな一冊と言える。下ネタ多めな会話劇を繰り広げる女子高生コメディ…なんだけれども、なんの説明もツッコミもなしに単眼娘がレギュラーにいたりして、独特のテンポと空気感にやみつき。「ぎじんかかっぷる!」「小悪魔淫魔サキュバスちゃん♥」あたりの甘々な男女関係なんかは脳内麻薬分泌されまくりでしたね。なんでこんなに位置原先生の描く女の子はかわいらしいのか!

31.僕のヒーローアカデミア/堀越 耕平
僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)
堀越 耕平

集英社 2014-11-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


個性豊かなキャラクター、作画のタッチの使い分けと純粋にアツいストーリーで漫画的快感も強烈!ストレートな少年漫画。弱虫少年の成長物語であることと、成長物語に必要な「努力する姿の説得力」、そして「少年の背中を押す、戦うための理由」、こういった部分の作りが上手いから、読んでて素直に主人公を応援したい作品になっているのかなと思います。読んでいて、突っ走っているようでかなり頑丈に慎重に練り上げていると感じるんですよね。泥臭さとキャッチーさが見事に噛み合ってる。キャラデザもとんがってて面白い。死柄木弔のデザインは天才的だと思う。早くも人気爆発中なのも頷けるおもしろさだ。

30.冗談だよ、バカだな/岸 虎次郎
岸虎次郎作品集 冗談だよ、バカだな岸虎次郎作品集 冗談だよ、バカだな
岸 虎次郎

太田出版 2014-12-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

岸虎次郎先生の短篇集。エロティックでインモラルで、ときめきに満ちた物語が詰まっています。描かれていることはエロ漫画テイストなのに、雰囲気と絵のタッチで読み心地をまるで変えてくる。美しくて切なくて、胸をドキドキ高鳴らせる。
しなやかな肉体、溢れ出る激情、抑えられらない好奇心―――少年少女たちの隠された青春の1ページは、リアルな感触を残しつつも幻想的ですらある。個人的には放尿百合漫画「葦原」が至高でした。
高揚と感傷が一度に押し寄せる、魅惑の夕暮れ。

29.フラジャイル 病理医岸京一郎の所見/草水敏・恵三朗
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(1)フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(1)
草水敏 恵三朗

講談社 2014-11-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

病理医というなかなかスポットライトのあたらないポジションにあえて着目した医療漫画であり、「病」をめぐる人間ドラマとしての面白さも抜群な新作。病院という組織の中で戦う主人公たちの姿は新鮮に楽しめるし、人の命を預かる重みをずっしりと感じるストーリーも、「表情」で魅せる迫力ある展開もグイグイ引き込まれる。アフタヌーンの近年の新作でもイチオシ。

28.恋のシャレード/ルネッサンス吉田
恋のシャレード (Feelコミックス FC SWING)恋のシャレード (Feelコミックス FC SWING)
ルネッサンス吉田

祥伝社 2014-10-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


死ぬってなんだろう。怖いな。高3女子と予備校教師の歳の差恋愛を描いた作品。喪失感と色気と乾きが絶妙にブレンドされた空気感が好きな感じ。ふんわりとリリカルで、人が思う「寂しさ」の感触をゆっくりと読み手に与えてくれる。「恋のまね事に過ぎない」と言いながらもロマンティックシチュエーションが炸裂するクライマックスもお気にいりです。(あと小ネタ程度ではあるけれど、各話タイトルの邦楽曲名のチョイスがにくい)

27.ブレイクブレイド/吉永 裕ノ介
ブレイクブレイド(13) (メテオCOMICS)ブレイクブレイド(13) (メテオCOMICS)
吉永 裕ノ介

ほるぷ出版 2014-05-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大いに盛り上がった、というわけではないにしろ、練り上げられてきたドラマがいままさにうねりを増し、見逃せない展開に入ってきている。安定して超面白いっていう反則みたいなやつな!かつての幼馴染同士が命を奪い合うひりつくような緊迫感と切なさを内包しつつ、戦争はさらに白熱していく。安定した面白さを見せつけてくれている異世界ファンタジー戦記。連載ペースがやや不安ではあるものの、着実に盛り上がる展開を積み重ねる。

26.蒼き鋼のアルペジオ /Ark Performance
蒼き鋼のアルペジオ  10巻 (ヤングキングコミックス)蒼き鋼のアルペジオ 10巻 (ヤングキングコミックス)
Ark Performance

少年画報社 2014-12-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アニメ化以降メディアミックスでも盛り上がっている作品ですが、原作の盛り上がりも最高潮だったと言える(掲載ペースはいろんな仕事が舞い込んできた影響かわりとガタガタではあったけれど)。個人的にはもうアシガラちゃんが!アシガラちゃんがかわいすぎて!!おてんば生意気お嬢様ってキャラクターと、それに振り回される姉妹たちに愛が止まらなくなりました。ドリフターズに次ぐ今のアワーズの柱と言えます。

25.フラグタイム/さと
フラグタイム 2 (少年チャンピオン・コミックス・タップ!)フラグタイム 2 (少年チャンピオン・コミックス・タップ!)
さと

秋田書店 2014-11-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さと先生の新機軸、百合漫画。時間を少しだけ止めることができる主人公と、ただ一人その秘密を知る少女。ふんわりとした優しいタッチで、ビシバシと感情を迸らせぶつけあう少女たちのドラマティックなストーリーを綴っています。1巻はまぁまぁくらいの感想でしたが2巻の出来栄えは素晴らしかった!悪戯心とピュアな想いが交差する、ビタースイートガールズラブ。思春期少女はめまぐるしいんだ。

24.夜をとめないで/ハルミチヒロ
夜をとめないで夜をとめないで
ハルミチヒロ

白泉社 2014-11-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アンソロジー雑誌「楽園」にて掲載されたものを収録した短編集。エロ方面でも活躍する作家さんですが、著作で特徴的に思うのがいじらしい女心の描写の巧みさ。そして感傷を抉りだすストーリーの面白さ。本作はハルミチヒロ先生のそういった部分を最大限に表した作品集であり、「これが読みたかったんだー!」と叫びたくなるような出来栄え。芸がない書き方になるけれど本当にどれをとっても素晴らしい短編が詰まっている……。仄暗いものもあれば明るくハッピーな恋もあり、しかし切り裂かれるような胸の痛みを伴う、切ない愛の物語がある!恋愛漫画が好きでよく読む人ならば、きっと充実感たっぷりに味わえるはず。至福!

23.ボールルームへようこそ/竹内 友
ボールルームへようこそ(7) (講談社コミックス月刊マガジン)ボールルームへようこそ(7) (講談社コミックス月刊マガジン)
竹内 友

講談社 2014-11-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


競技としてのダンスの世界を描く熱血少年漫画は、今年も絶好調でした。大会も終わって華々しい展開ではないのに、とにかく引き込まれる。主人公の成長と次なる課題、寄せられる期待と燃える闘志。次のフェイズへの移行期間でここまでワクワクさせられるのは凄い。心臓が着火するように、興奮で手足も震えてくるぞ!
登場した新ヒロインもめっちゃくちゃかわいいし、相変わらず高レベル安定の漫画だなぁ。そして今年はもっと面白くなってくれる予感がビシビシ来てる。

22.LES MISERABLE/新井 隆広・ヴィクトルユーゴー・豊島 与志雄
LES MISERABLES 3 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)LES MISERABLES 3 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
新井 隆広 ヴィクトル・ユーゴー 豊島 与志雄

小学館 2014-08-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトルだけ知っていて実はどんな作品か知らなかった「レ・ミゼラブル」。そのコミカライズが本作ですが、見事なクオリティです。原作を知らないのでどうアレンジが加えられているかとかは分かりませんが、力強く物語に引きこんでくれる、骨太な新井先生の作画が魅力的すぎる。ここまで感情が溢れ出る表情を描いてくれるかと!ストーリーは悲劇的な要素が強いですが、少年漫画的に胸をあつくさせてくれる展開もばっちり。「人間賛歌」の謳い文句も頷ける大ボリュームの大河。
自分のように「レ・ミゼラブル」をあまり知らないっていう人にもオススメしたい、読み応え抜群の連載作です。

21.カザマアヤミ/恋愛3次元デビュー ~30歳オタク漫画家、結婚への道。~
恋愛3次元デビュー ~30歳オタク漫画家、結婚への道。~恋愛3次元デビュー ~30歳オタク漫画家、結婚への道。~
カザマアヤミ

双葉社 2014-05-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


赤裸々すぎるでしょ…!!!初々しいラブコメの名手カザマアヤミ先生が、同じく漫画の紺野あずれ先生と出会い結婚に至るまでを描いた恋愛エッセイ漫画。不器用というか、だいぶ世間ずれした著者がいかに恋愛をしたのか、単純に読み物として面白い。ツッコミどころ満載で笑えるししかもどんどん作家さんのことが好きになるw しかもこのおふたりの作品をすでに知っているなら、さらに楽しく読めること間違いなし!萌えキャラすぎでしょカザマアヤミ先生。この気持ちを!どこにぶつければいいの!!

ちょうどこれ書いてたら流れてきたバレンタインネタ。見てるこっちまで幸せじゃー。

20.運命の女の子/ヤマシタ トモコ
運命の女の子 (アフタヌーンKC)運命の女の子 (アフタヌーンKC)
ヤマシタ トモコ

講談社 2014-08-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3つの作品を収録した短篇集。個人的にヤマシタトモコ先生の漫画を最も美味しく頂けるのは短編漫画(24P~40Pくらいの)と思っていて、短篇集が大好物。収められた3作はどれも味わいが違っており、バランスのいい一冊となっています。淡々と不気味なリズムで展開される静かなサスペンスホラー「無敵」、届かない想いを軸に少年少女の青春を描いたセンチメンタルなラブストーリー「きみはスター」が甲乙つけがたく好き。あと装丁もいい。紙の本ならではだ!

19.バガタウェイ/古日向 いろは
バガタウェイ 11 (BLADE COMICS)バガタウェイ 11 (BLADE COMICS)
古日向 いろは

マッグガーデン 2014-12-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主人公のチームはもちろんだけど、読んでいて相手側のチームに感情移入を激しくしてしまい、恐ろしいほど心揺さぶられるここ最近のバガタウェイ。メンバーそれぞれの熱い想いがフィールドで絡まりぶつかり合う、チームスポーツ漫画の醍醐味を楽しませてくれました。大野城が好きだったんだけど11巻の小倉中央ヤバすぎたでしょ、泣くでしょ。いよいよ次は決勝戦。終わりが見えてきたのかもしれない。

18.幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい/黒谷 知也
幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい (IKKI COMIX)幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい (IKKI COMIX)
黒谷 知也

小学館 2014-10-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


IKKIの新人作家による短篇集。どの作品もさわやかなタッチで、寂しさや悲しみや美しい思い出、喪失、幸福を描き出す。面白いというよりお気に入りの詩集のような一冊。何度も繰り返し読み返して、ちょっとだけ気持ちを変えてくれる。軽やかな読み心地でスッと心に物語が染み込み、波紋のようにじわりじわりと、世界に連れて行ってくれる。「海を見に行く」は表題作の番外編的位置づけでありながら、あまりに美しいエンドロールで呆然としてしまった。
僕たちの幸福と孤独。それは青い色をしている。

17.ムシヌユン/都留 泰作
ムシヌユン 1 (ビッグコミックス)ムシヌユン 1 (ビッグコミックス)
都留 泰作

小学館 2014-07-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「この漫画どこへ向かうんだ!!??」っていう意味不明なドライブ感がすごすぎますよね、ムシヌユン。もう2巻が待ち遠しい。ジャンルとしてはなんと説明すればいいのやらって感じですけれど公式的には「亜熱帯SF」。主人公の絶望と哀傷、それらすべてが宇宙空間から飛来した謎めいたパワーで怒りへと変換され暴走を開始!
ナンセンスな荒唐無稽さと、作品内の光景が脳内に飛び散るような強烈な異世界描写力、人間ドラマとしての面白さ、なにをとっても1巻時点での完成度が凄まじい…ゾクゾクと背筋に衝撃が走る面白さ!!

16.恋と病熱/磯谷 友紀
恋と病熱 (A.L.C.DXもっと!)恋と病熱 (A.L.C.DXもっと!)
磯谷 友紀

秋田書店 2014-07-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


磯谷先生の真骨頂って感じのオムニバス・ストーリーズ。夫婦一組につき子はひとり。「兄弟」「姉妹」の存在は禁忌とされる世界で、どうしようもなくひかれあう兄と妹、または姉と弟――…男女だけではなく同姓や、むしろ禁忌に背き複数の子を産んだ母親にもスポットを当てていく。圧倒的な息苦しさと、その中で懸命に輝く愛情の、切ない交錯。後ろめたさを実感させてくれるからこそ、より物語に引き込まれる。
秘密ってのはみんなが秘密にしているから見えないだけで、きっと世界のそこら中にいっぱいの秘密が隠されている。そういう、「見えない別の世界」への甘いロマンが詰まった作品です。

15.中学性日記/シモダアサミ
中学性日記(1) (アクションコミックス(月刊アクション))中学性日記(1) (アクションコミックス(月刊アクション))
シモダアサミ

双葉社 2014-02-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ただただ、「かわいい………―――――」と溜息をついてしまう。思春期の心と体、友達に片思いの相手に、そして自分自身に振り回される“思春期”。オムニバス形式というスタイルもばっちりハマっていて、多種多様な思春期の悩みと失敗と恋模様をたっぷりニヤニヤ楽しめる。ともすれば下品になる話題もさらりと爽やかに読ませてくれるのは、この作家さんならではのワザ。戸惑って傷ついて自爆して、ときたま世界は微笑んでくれる。

14.天にひびき/やまむらはじめ
天にひびき  10巻 (ヤングキング・コミックス)天にひびき 10巻 (ヤングキング・コミックス)
やまむらはじめ

少年画報社 2014-11-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


完結巻。大学を舞台にした青春漫画としても、「努力」「才能」との向き合い方を描いた作品としても、9巻10巻の展開は強烈だった。残酷で、高潔で、憧れと無念があって、どこまでも遠く果てしなく祈りがある。圧倒的な才能をもつ者を、その周囲の人々の感情を軸に見事に描き切っています。
雑誌掲載字はアッサリしすぎと感じた最終話も、コミックスで加筆され大満足。全10巻と収まりがいいサイズです。ラストとかあまりに爽やかすぎて、感動。

13.子供はわかってあげない/田島 列島
子供はわかってあげない(上) (モーニング KC)子供はわかってあげない(上) (モーニング KC)
田島 列島

講談社 2014-09-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ひと夏の非日常、きらめくボーイミーツガール、忘れられない夏休みの海辺。素朴なテイストで綴られる青春物語で、全2巻ですっきり収まっている良作。華々しさは皆無と言えるんだけど、恋の喜びをのせた爽やかな風が吹いてくるような。素朴でふんわりとした空気の中で、一生涯忘れられることのない、鮮烈な夏休みの青春模様でたいへん心をモダモダさせてくれました。子と親の関係性を描いた部分も泣ける。
ああ、夏休み。甘酸っぱく眩しい季節!!

12.こいのことば/緑のルーペ
こいのことばこいのことば
緑のルーペ

太田出版 2014-08-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1巻完結。緑のルーペエッセンスは今回も炸裂している。ヒロインとの関係性とか、世界との向き合い方とか、これまでの作品を読んでると共通している部分も多いけれどそれがゆえにハマる人はどっぷりハマる。エロチックでかわいらしくて、地獄の底でうごめくような苦しみと、絶望の中でうすく輝く祝福がある。個人的には緑のルーペ作品を読んだことない人に最初にオススメしたい一冊。読みやすいさと「らしさ」のバランスも良い。ねじくれているようで、どこまでも透明な純粋さがきらめく物語です。
願うだけの、願い合うだけの「こい」。愛よりよっと遠く、ちぎれてしまいそうに脆い、はじめての臆病な「こい」。美しいラストシーンは必見です。

11.四月は君の嘘/新川 直司
四月は君の嘘(10) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(10) (講談社コミックス月刊マガジン)
新川 直司

講談社 2014-10-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アニメも放送中。今をきらめく青春音楽漫画であり、先日、連載では完結を迎えました。単行本発売ベースでこの記事を書いているので、最終話を加味せずにこの順位です。
切なさと興奮が折り重なり、燃え上がるようなド迫力の演奏シーンで心がカラッポになってしまう読書体験はこの作品ならでは。今はただ祈りを捧げるように、心の準備をしなくちゃならない。演奏家の彼らと同じく、読み手の僕らだってきっと、最後を見届ける覚悟をしなくちゃいけない。最終巻は今年の春発売。アニメの出来もめちゃくちゃいいのです。

10.3月のライオン/羽海野 チカ
3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)
羽海野 チカ

白泉社 2014-11-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ランキングを作るにあたって、間違いなく面白い長編ストーリー漫画的「上位定番作品」をあえてランキングに入れるかどうかってのは悩みどころではあるんだけれど、2014年にこいつは入れなきゃいけない。3月のライオンは、零くんは男を見せるって点で過去最高級にアツい。どこを着地点とするか、微妙に見えてこなかったこの作品の、未来のなにかが少しだけ分かったような気もする。
最初からきっと最後まで、戦う人たちの物語なのだ、これは。棋士ひとりひとりのドラマをじっくりと描いてくれるのもそうだし、戦わねばならぬ場面でがっしり腰据えて立ち向かえる強さを得た零くんの成長にも泣けてくる。
個人的には97話の、お母さんのモノローグにも目頭がグッと熱く震えた。ハチクロと並ぶ10巻となってなお、テンションが落ちないというのも恐ろしい!
それとBUMP OF CHICKENとコラボしたのにはひっくり返ったぞ…。

9.夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない/宮崎 夏次系
夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない (モーニング KC)夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない (モーニング KC)
宮崎 夏次系

講談社 2014-05-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


宮崎夏次系さんは喪失感を描く天才だと思っている。どこかユーモラスで切なくて、なにかを無くしてしまった僕と君の孤独な世界。
3冊目の短編集となってもクオリティは依然高く、表現力に更なる磨きもかかった。「僕は毎日」「なほちゃんの白い玉子焼き」「リビングで」等で心臓が散り散りになりそうなくらい寂しくなりながらも、淡い恋の甘さにくらりとくる「明日も触らないね」、夫婦の再生を描いた「妙な夢」といったラブストーリーに胸が震える。特にこれまでの作品とくらべても、恋愛感情や恋愛関係が描かれた短編が多かったように思う。魅惑の一冊。

8.夏の前日/吉田基已
夏の前日(5)<完> (アフタヌーンKC)夏の前日(5)<完> (アフタヌーンKC)
吉田 基已

講談社 2014-08-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


じっくりと描かれてきたこの儚い恋愛物語も、無事に完結しました。満足度しゅごい…センチメンタルな風景と恋愛、自らの世界の中でひたすらに自分と戦う芸術家としての戦い、そのどちら共が見事に結実。
愛しあい、憧れ合うからこその二人らしい結末だったと思う。
この主人公に対してこれだけの優しさを手向けるきとができる晶さん本当にいい女性だ……。
あの日々は。熱に浮かされ、夢の中を漂っていたような、甘く苦しいひととき。
ひどい夏の予感は、きっともう晴れた。

7.週刊少年ガール/中村ゆうひ
週刊少年ガール(1)週刊少年ガール(1)
中村ゆうひ

講談社 2014-03-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


漫画表現の実験場。遊びゴコロある仕掛けが毎回用意されていて、そのアイデアの面白さを頂くだけでも美味なのに、加えて作画のタッチがめっちゃ好みなのです。黒髪美人いっぱいだー!!
1巻収録「光にかざして」なんかは、電子書籍も流行する昨今において、紙に本だからこそできる仕掛けが切ないストーリーと噛み合っていて、しびれるくらい感動しました。トリッキーな短編が多いものの、青春モノ全般が好きなので全編ひたすらに身悶えしておりました。どこかスタイリッシュな画面作りと驚愕のアイデアの宝庫。

6.ちーちゃんはちょっと足りない/阿部 共実
ちーちゃんはちょっと足りない (少年チャンピオン・コミックスエクストラもっと!)ちーちゃんはちょっと足りない (少年チャンピオン・コミックスエクストラもっと!)
阿部 共実

秋田書店 2014-05-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


うっかり朝にこの作品を読んで会社に行ったせいで、その日はずっとイヤな気分だった。どうしようもなく立ち直れなくなる瞬間が、この作品には描かれているし、それを読んで自分もそれくらいに憂鬱に襲われた。人の心がドス黒く染まっていく劇薬。ただショッキングなだけの刺激物ではなく、読む人になにかしらの気持ちを沸き上がらせる、強烈なメッセージも持っている。肯定か納得かそれとも拒絶か。ただ、落ち込んでる時に読ともっとひどい気持ちになるからよした方がいい。
名実ともに阿部共実先生の看板作品となった感がある。インパクトは絶大。あとの評価はあなた次第。

5.デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション/浅野 いにお
デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)
浅野 いにお

小学館 2014-09-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


14年開始の新連載の中ではもっともハマってる漫画です。世界滅亡と隣あわせの、ちょっと歪んだ平和な日常。「ちくしょう!浅野いにおの女の子に、こんな素直にかわいいと思わされるなんて!」というナゾの悔しさがこの作品をさらに面白くしている(個人差あり)。
世界観の恐怖感とかわいらしさ、思春期の小さな悩みと世界の大きな危機。絶妙の一言で片付けていいものか、半端ないバランス感覚とセンスで綱渡りをし続ける「ゆるふわ・ディストピア・ユースフルデイズ」。タイトルコールの「ズバーンッ!」感が気持ちいいぞ!

4.惡の華/押見 修造
惡の華(11)<完> (講談社コミックス)惡の華(11)<完> (講談社コミックス)
押見 修造

講談社 2014-06-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


近年の自分の漫画ライフの中でも、ここまで熱中した作品は少ない。しかしまぁ2014年における「惡の華」というのは、続いていた長いエピローグも幕を閉じた、といった感覚に近い。
燃え盛る業火のような思春期の熱狂と、それから先の贖罪のための日々。
無事にこの作品が結着してくれてよかった。いままさに思春期のただ中にいる人々と、かつて思春期の嵐の中でもがいた人々の、両方に向けて放たれる歪んだ愛の弾丸。これでもかと濃密に「思春期」を叩きつけてくれた、自分にとってずっと忘れられない作品になりそうな作品。

3.魚の見る夢/小川 麻衣子
魚の見る夢 (2) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)魚の見る夢 (2) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
小川 麻衣子

芳文社 2014-01-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


待っていたんだ、この小川麻衣子をなぁ…!!!感傷と残酷を美しく内包した2014年最強の百合漫画だったと思う。もうひとつの連載作であり代表作「ひとりぼっちの地球侵略」とはかなり趣の異なる作品で、本作2巻のエモーショナルな展開は圧巻だった。まさに爆発だった。全2巻と集めやすいこともあって、今後しばらくは自分の中の百合漫画の金字塔として光放つ存在となっていると思う。
もがき、切り裂かれるような号哭のあと、めぐりくる優しい季節。そしてさよならの果ての永遠を、あのひとは手に入れた。

2.聲の形/大今 良時
聲の形(7)<完> (講談社コミックス)聲の形(7)<完> (講談社コミックス)
大今 良時

講談社 2014-12-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あの傑作読み切りを連載化!と聞いたときはこれはぜったいマズいパターンだぞと思ったのに、いざ始まってみれば見事な青春物語として駆け抜けてくれた。2014年完結。
この作品について何かを語ろうとすると、自分の明かしたくないものを明かしてしまうような気がして、怖い。ただ本当に真摯に、生きることに立ち向かう少年少女の姿に涙が出る。砕け散ったはずの青春を少しずつでも取り戻していくこの物語は、実際すでに高評価を得ているわけではあるけれど、もう文句なしに2014年の代表作。最終話、最後の見開き、あまりに可憐すぎてクラクラきた。

1.ヒメゴト~十九歳の制服~/峰浪 りょう
ヒメゴト~十九歳の制服~ 8 (ビッグコミックス)ヒメゴト~十九歳の制服~ 8 (ビッグコミックス)
峰浪 りょう

小学館 2014-11-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今年のナンバーワンは本作。とにかく19歳という年齢を描きとった大学生漫画として、その完成度の高さが素晴らしい。モラトリアムの不安げな空気感、人間模様のめんどくささ、かわいらしいキャラクターがどんどんと歪み、さらに美しく、黒く染まっていく様……とくにこの最終巻の内容は何度読んでも!何度読んでも胸が締め付けられるように切なく、そして爽やかな気持ちになる!
倒錯感たっぷりなインモラルラブストーリーであり、ジェットコースターに乗り込んだような強烈な展開のうねり!ずっと夢中で読み、新刊を読むたびに次の新刊発売まで辛抱たまらなかった。
そして、こんなこじれたストーリーをよくぞここまでスマートに終結できたものだと、なによりもそれに唖然とするレベルの着地。10巻以内で完結するオススメ漫画として執拗に人に勧めたい、闇の青春漫画と言えます(どんなだ)。

どうか最高に格好いいファックサインをその目に焼き付けて欲しい。
そしてこの、最高に甘い、最後のヒミツも。



番外編 NARUTO-ナルト-
NARUTO -ナルト- 72 (ジャンプコミックス)NARUTO -ナルト- 72 (ジャンプコミックス)
岸本 斉史

集英社 2015-02-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これだけ、最終巻が出たのが2015年なんだけど、2014年を代表する出来事だったということで許して欲しいです。
僕ら世代にとってNARUTOってのは本当に偉大で大事な作品だった。
小学校高学年のときにアニメ放送が始まり、あっというまに自分もドはまりしたし、周りもドハマりだった。忍術の印を練習したり、腕をフラずに垂らしたままの忍者走りなんかも、校庭でよくやった。少年ジャンプを買いだしたのだって、NARUTOの最新話を読みたいからだった。ちょうど螺旋丸の修行をしていたころだった。ジャンプを買いだしたらいちご100%とかプリティフェイスとかに夢中になってまた別の道が開けた。
脱線したがまぁ、つまりこの作品はきっと僕ら世代のシンボル的作品のひとつだったのだ。
40巻を超えたあたりでコミックスを集めるのをストップしたし、正直やや興味をそそられなくなってしまった時期はあった。でも物語が明らかに終わりに向かっていく展開において、毎週ワクワクは抑えきれなかった。14年に入ってからの連載は、じっくりと味わいつくすように楽しんだ。子供の頃から追い続けた一大巨編の完結である。ランキングとか関係なしに、NARUTOの完結というのは個人的には2014年を代表する出来事だった。


この画像、完結当時よく出回ったものだけど、見てるだけでまた泣けてくるくらい良い。このイラストに近い形で生きてきたものだから、NARUTOと共にあゆめた10年程の年月が、誇らしく感じられたりする。それはもう。恥ずかしいことに。素敵なことに。
力強い成長物語だったなあ。時間はかかるけれどじっくりと読み返したい漫画です。そして今NARUTOがいないジャンプを読むとちょっと寂しくなる。






長くなりましたが以上、35作+1作、2014年のBEST記事でした。ありがとうございました。
2015年もいっぱい面白い漫画が読みたいです。……もう2月も中旬になってしまいましたが!!!

[漫画]クリスマスなのでエロ漫画2014!

もう少しでクリスマスですね。久しぶりにちゃんとした更新したと思ったらエロ漫画感想です。

クリスマスなので、エロ漫画2014!!いぇいいぇい。

前回のクリスマス更新~今回までに発売した単行本を対象として
「2014年このエロ漫画がめっちゃ良かったよ!!」ってのを10冊発表します。順不同。
今年からはクリスマスは仕事だし、もし仕事がなかったとしてもエロ漫画を読んでいたはずなのでやっぱりクリスマスにはエロ漫画読まなきゃだよな!ってことで。
以下、もちろん18歳未満閲覧禁止で、お願いします。


過去のエロ漫画総括記事。
クリスマスだからエロ漫画2010!
クリスマスこそエロ漫画だよ2011!
クリスマスだしエロ漫画2012!
クリスマスなんだしエロ漫画2013!
意味もなく毎年ちょこっとタイトルを変えてきたことを後悔してるよ!

続きを読む ≫

[漫画]黒ロンオブザイヤー2014 [新刊部門] 参加記事

水星さんが主催する黒ロンオブザイヤーに今年も参加します。
【告知】「黒ロンオブザイヤー2014」開催のお知らせ (水星さん家)
ここのところ、すっかり更新が滞ってるうちですが・・・毎年参加してたので、ここは書かねばと。

今日は[新刊部門]として3作品。
[既刊部門]まで仕上げられるかは時間的にまだ分かりません・・・ので、出来上がった新刊部門のみ投下!



「ib-インスタントバレット-」

ib -インスタントバレット- (1) 世界の終わりとボーイ・ミーツ・ガール (電撃コミックスNEXT)ib -インスタントバレット- (1) 世界の終わりとボーイ・ミーツ・ガール (電撃コミックスNEXT)
(2014/03/27)
赤坂アカ

商品詳細を見る

黒ロン企画でなんの作品を取り上げようかと考えつつ読み返してたら、「そういえばヒロイン黒髪ロングじゃん!」と発見してしまった「ib-インスタントバレット-」です。
スタイリッシュバトル&オサレモノローグの好感度がたかすぎて今まで気がつけなかった。
公式サイトを見るとどんな作品かわかりやすいそうです→公式サイト

いわゆる中二病的世界観が強烈な作品ですが、この面白さを支えているのはストーリーのうねりであり、そしてキャラクターの濃さでもあります。
この作品のヒロインのセラも、そういう強烈な人物であり、黒ロンです。
眩しいほどキラキラした純粋さと、狂気を秘めた闇を併せ持つ、非常に危なっかしいキャラクター。
主人公もそうとうに鬱屈としていますが、負けず劣らずにヤバい。
物語の世界観と合わせて、読者を揺さぶってくるいやらしさがあるのです。
とはいえルックス的には文句なしにかわいいわけで、学校でのクラスメイトに対する不遜な態度にもしびれました。
基本的に「イタい娘」。彼女の生き様や哲学というのはそりゃ人を寄せ付けないわと思わざるを得ないもので、むしろそうでなきゃセラじゃない。

インスタント

(俺氏、頭を抱える)

どうあがこうと物語の中心に居続ける人物であることは間違いなく、これからストーリーが進むにつれ、見えていなかった彼女の様々な一面、あるいは裏側や内側をたっぷり楽しめるように、楽しみにしています。



「終電にはかえします」

終電にはかえします (ひらり、コミックス)終電にはかえします (ひらり、コミックス)
(2013/11/30)
雨隠 ギド

商品詳細を見る

雨隠ギド先生は好みの黒ロンちゃんをけっこう生み出してくれているので、この企画に参加しようと思った段階からラインナップに加えようとは思っていました。
「甘々と稲妻」ももちろん大好きですが、個人的にはこの「終電にはかえします」を、もっとみんなに読んで欲しいなーっと思ったりしてるのでこちらをチョイス。
この本は百合作品を集めた短篇集となっており、全編黒髪ロングづくしというワケでもないのですが、黒ロンちゃんもいるよってのと、・・・純粋に、いい本なので。

女の子が女の子を「かわいい」と思う瞬間、そのシチュエーションやそのとき渦巻く感情は様々で、その現象そのものの可愛らしさとか面倒臭さが好きで百合漫画を読んでる面もあります、俺は。そしてこの作品は見事にそういったツボを、俺の萌えのツボを強烈に刺激してくるわけです。
下級生のかわいらしさのあまり、涙を流して立ち尽くす女の子とかいるんですよ。彼女の乗る電車を見送って、呆然と。こんなのどうにかなるにきまってんだろ!(俺が)

しゅうでん

黒ロン的には上の短編作品「永遠に少女」が素晴らしい出来栄え。作家さんなりの黒髪ロング・ロマンが詰め込まれたシンボリックな作品です。
幽霊の黒ロンちゃんが報われる姿に感動したい皆様はぜひご一読。
このお話に関しては以前記事にも書きましたので気になったらこちらで。
この娘の黒髪ロングは、そうであることにポリシーがあるわけではなく、病院生活の結果という悲しみが宿っているのですが、それにすら胸があつい。ついでにストーリーで瞼も熱くなる。少女には永遠がよく似合う。
「大人の階段の下」という短編もキュート黒ロンちゃん大活躍なのでこちらもオススメ。というか収録作ぜんぶオススメだよすごい本だよ。



「ゆりかごの乙女たち」

ゆりかごの乙女たち (マッグガーデンコミックス Beat\'sシリーズ)ゆりかごの乙女たち (マッグガーデンコミックス Beat\'sシリーズ)
(2014/06/03)
みよし ふるまち

商品詳細を見る

大正ロマンといえば黒髪ロング・・・かどうかは分からないが、そういう本。
一冊完結の百合漫画。2連続で百合漫画なのは偶然。こちらは主人公が黒ロンちゃんです。
大正時代の女学校を舞台に、「S<エス>」の世界を描いたお話。
みよしふるまち先生には「東京ラストチカ」でもロマンチックで古風な世界観で魅せられましたし、とことんこういった舞台が好きなんだなーと思わされる。

夢を見ている少女たち、というイメージがタイトルから湧く。
それは夢であり、浮世離れした、閉じた世界でのみ成立できる秘密の園であることを強調する、百合の儚げな一面をフィーチャーした物語です。
現実は優しくなんてない。けれど気持ちは現実の厳しさを知ってなお止まれない。
例えば主人公たちよりも先ゆく関係の先輩ペアのうち、絹子さんは「一時だけの関係」と割りきって、一生に一瞬の快楽を楽しむ、風のような生き様を思い描ける。
「どうして夢がずっと続くなんて思い込めるのよ」
絹子さんが叫んだこの台詞が、厳しくもロマンチックなこの作品を核となっている。

黒ロン的に言えばそういうキャラクターは主人公しか登場しませんが
作中登場する重要アイテムである彼女の髪のリボンが、このクライマックスでとてもいい味を出しています。甘い束縛の象徴かのように、主人公の長い黒髪がありのまま街に消えていくのが最高の余韻を残してくれます。
そういうワケでこの黒ロン企画にも登場させようと思った次第。

ゆりかご

少女たちの一瞬だけの心の触れ合い、そこから生まれる恋慕とまたは憎悪の、夢のようにはかない日々。切なくて古風な百合漫画の良作ですね。



以上3作品でした。どれも大好きです。
でもなんかこう・・・いい黒ロンちゃんを見逃してしまってる気がするので
他の参加者さんの記事も参考したいですね。

[漫画]C86記録とすこし本の感想

お久しぶりです。C86に行ってきました。
更新は出来なくてもコミケには行く俺のスケジュールコントロールはどうかしてる。
涼しくてかなり過ごしやすいコミケでしたねー。

今回は8月15,16,7日の開催で、初日は参加することができなかったのですが
2日目と3日目に参加し本を買ってきました。こんな感じ。

DSC_0032.jpg

これが2日目に購入した分。
今なお半分の月がのぼる空本を出してくれている「スタジオ半月225号室」さんは素晴らしいです。毎回買ってます。もう4冊目ですが、もうずっと出てくれればいいのにとか思ってしまう。

凪のあすからの要さん本「cracked ice cream」は、今回C86で入手した本の中の、いまんところのお気に入りTOP3に入る。(いまのところと言うのはまだ全部は読めてないから)
ヒリヒリと、とても痛々しい雰囲気があるものの、失恋の傷というよりは自己嫌悪の成分が強めで、「ああ、これだ、これが要さんの恋・・・!!」と最高に興奮できた一冊。アニメを通して見て1番好きなキャラクターがもしかしたら要さんなくらい彼には入れ込んでしまいまして、その要さんの失恋本となれば、そりゃ心射抜かれるに決まってるわけです。
「これは ぼくが すき を 諦めるものがたりだよ」
と言ったシビれるフレーズが随所に散りばめられポエムモノローグ好きの血が沸き立つ。
ともかく、個人的にはこの本を読んでやっとスッキリした気持ちで彼を未来へ送り出せたような、そんな感覚すら味わうことが出来た素敵な一冊でした。あたらしい恋も大事だけど、大事だった恋にちゃんと区切りをつけることも輝くために必要なのだ。彼はちゃんと愛される人間になる。うおおお、さゆーっ!要さんを幸せにしてやれーっ!
表紙で赤い傘を持っているのがいいなぁ・・・2クール目のOP映像のキーアイテム。

次は3日目。だいたいこんな感じ。

DSC_0034.jpg

DSC_0036.jpg

DSC_0038.jpg

DSC_0039.jpg
DSC_0041.jpg

ラブライブ多め、というかそればっかし。
今回追ってるサークルさんが新刊多いわ総集編だわでかなり資金が割かれましたね。
本来だったらもうちょい創作系とか艦これとかあさりたかった所ですが
いい本多すぎて満足感MAXで悔しさとか現状あんまり無いからな・・・。

SCARECROWさんの創作短編漫画は糖分過多なイチャラブ漫画で絶品でした。
セクシーな描写を入れてくれたこともあり、なんというか、関係とか行為とか感情とかが生々しく、悶えて転げて癒やされました。特別なんかじゃなくそこらへんに居そうなんだけど、羨ましいカップル像。
冬も創作で彼らの新作を出してくれる予定らしいので、今からテンションあがるわい。

ラブライブ本、どれもこれも染みる沁みる内容でしたが
けっこうシリアス寄りな本を中心に集めた中、ぶっ飛んだ内容でめちゃくちゃ笑えたのが
スイートピーさんのにこまきウェディング本、「ハッピーウェディングバケーション」。
とてもじゃないが正気じゃいられない恥ずかしい内容と悪ノリ悪ふざけを止め込んだ素晴らしい一冊!
ゲスト作家さんを招いての豪華な内容であるとともに、「上手い!」と唸るしか無い見事なギミックwしかも結婚式ネタだからとちゃんとセットで引き出物のスプーンとかついてきました・・・!この拘りよう!
R-18のシリアス本の方も、心をちりちり炙られるような切なさとか焦燥とかがあって、こちらもとてもいい(恍惚)

書き出したらもっといろんな新刊について書きたくなってしまいましたが
今回は「ネタができたらすぐ更新して更新グセを取り戻すのだ!」が目的で・・・。

そんなこんなでコミケ満喫できて、いい夏休みになった!全然連休取れなかったけどね!
コミケ中お世話になりました方々、ありがとうございました。

≪ BackHomeNext ≫

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。